Archive

19日月曜日ディナー


今夜はポルケッタ(*´꒳`*)

奥豊後豚肩ロースにナッツやレーズンを巻き込んでじっくりロースト。

寒ういですね。

ブーチョで心を温めてください(*´꒳`*)


19日月曜日ランチ

ブーチョセット:

「鮮魚の香草パン粉焼き」

サクッとした香草パン粉にふんわりとした白身魚。オリーブオイルはもちろんルーチョの美味しいオリーブオイルです(*´꒳`*) ※お魚は変ります


「若鶏のインボルティーニ」

丸鶏の骨を抜いて具材を詰め込み、網脂で巻いてから焼き上げる、手の込んだ一品です。ほうれん草が美味しい季節ですね(*´꒳`*)


「米水津生しらすのスパゲティー」

シェフはポーチドエッグが大っ好きなんだとか(笑)

プリモセット:

「自家製サルシッチャのトマトソーススパゲティー」


「ナターレのラザーニャ」

Buonappetito(*´꒳`*)


18日日曜日ディナー


アラカルトメニュー:

「牛レバーのヴェネツィア風」

シェフ修行時代、水の都ベニスで衝撃の美味しさに出会いレバー嫌いを克服したレシピ。

豊後牛の甘い素晴らしく美味なレバーと出会い、再現させた一皿。

通常メニューにありますので、スタミナを求める方はいつでもどうぞ!

一人前1230円。


「米水津しらすのフリッタータ」

ふんわり卵にしらすが入ったイタリア風卵焼き。トッピングした生しらすはオプションです。700円


18日日曜日ランチメニュー

ブーチョセット:


この美味しさをたくさんの人に経験していただきたいので、続投中の

「連子鯛のアクアパッツァ」

今回もいいサイズが入荷です(๑>◡<๑)

「ほうれん草と胡桃を巻いた丸鶏のインボルティーニ」


「米水津生しらすとポーチドエッグスパゲティー」
プリモセット:


「自家製サルシッチャのトマトソーススパゲティー」


「ナターレのラザーニャ」

ゆーわくワイドの料理コーナーでご紹介しました。レシピはTOSゆーわくワイドHPをご覧下さいd(^_^o)

この味をご家庭で再現して下さいね!


2016年末ディナーご予約状況です

18日日曜日:ご予約ゼロ件。誰か遊びに来て下さい_φ( ̄ー ̄ )

19日月曜日:26名までのご予約が可能です

20日火曜日:定休日です

21日水曜日:ご予約ゼロ。誰か遊びに来て下さい_φ( ̄ー ̄ )

22日木曜日:2名までのご予約が可能です

23日金曜日:40名までのサロン貸切と12名のご予約が可能です

24日土曜日:4名までのご予約が可能です

25日日曜日:40名までのサロン貸切と4名掛け3席のご予約が可能です

26日月曜日:40名までのサロン貸切と20名までのご予約が可能です

27日火曜日:30名までのご予約が可能です
28日、29日はお休みです。

30日金曜日:満席となっております

31日土曜日:おせち受け渡しのみとなります

1月1日はお休みです

1月2日から通常営業です


17日土曜日ディナー


仔羊腿のロースト。

シェフのスパイススペシャルブレンドで更に香しく焼きあがりました

(๑>◡<๑)

うーん、ジューシー。。

(*´꒳`*)
ご予約分なので、一部ご提供出来るかな?


今夜はギター弾き語りライブ。

テーブル席は満席ですが、カウンターをご用意出来ます。

ワイン片手にお気軽にどうぞー。


17日土曜日ランチ

プリモセット:


光輪農園のルッコラと生ハムサンダニエーレのスパゲティー。


今週のゆーわくワイドでご紹介したラザーニャ。

ブーチョセット:

「ほうれん草ととろけるモッツァレラチーズのスパゲティー」


「連子鯛のアクアパッツァ」

まだお試しでない方はぜひ!!旬の逸品。


「自家製サルシッチャ」

野菜がめっちゃ美味しいです(*´꒳`*)


16日金曜日ディナー

時化でお魚不足な世間ですが、
ブーチョは美味しいお魚いっぱい!(๑>◡<๑)


大きさ伝わらないですね(*´꒳`*)

30センチオーバーの「おじさん」
え?おじさん?


名前の由来はこのお髭。

ダンディーなお姿ですが、

味がこりゃまた絶品の高級魚です。

今夜はカルパッチョでどうぞ。

アクアパッツァも美味いなぁ〜〜(*´꒳`*)


少しですがお席残ってます。

どうぞ貴重な「おじさん」をご賞味あれ(๑>◡<๑)


16日金曜日のランチ

プリモセット:

ナターレのラザーニャ

とろけるモッツァレラチーズとトマトソースを

ナポリのヴェスヴィオ火山に見立てた

「ヴェスヴィオ風スパゲティー」
ブーチョセット:


しらす丼、しらすかき揚げ丼などで有名な米水津豊洋丸の直送生しらすを使った

「米水津しらすとポーチドエッグスパゲティー」

アクアパッツアは難しい料理じゃありません。

魚と塩漬けケッパーを水に入れて火にかけるだけ。

24センチのフライパン。この大きさが伝わりますか?

ここに加える素材は、少しのニンニクとトマト、美味しいオリーブオイル。

シェフがおまじないを唱えると、

とろりとしたソースに変化します。

「連子鯛のアクアパッツァ」

 

焼き野菜もたっぷり乗せます。

「自家製サルシッチャ」


15日木曜日ディナー


アカニシ貝。

巻貝の一種ですが、身はしっとりとした甘味がひろがって、

肝はねっとり濃厚!

大変美味しい貝です。

大分の人は慣れっこになっている、

何なら

「オトーサンが釣って来ちゃってどうすんのよ!こんなに沢山!(๑•ૅㅁ•๑)」

なんて奥様に文句言われちゃったりする豊後水道の鰤。

コリコリと噛み締めると、旨味がじんわり奥の方で広がります。

関東の人は脂の乗った柔らかい物を好むので築地に搬送されると3日程熟成されてしまうらしく、

この食感は産地でないと体験できません。

ジューシーなカボスと、ルーチョのオリーブオイルで召し上がれ。

(๑>◡<๑)


2 / 3123
PageTOP